NSLJとの取り組み

いしがね海老原財団

Neuroscience Awards
当財団と一般社団法人 Neuroscience Laboratory Japan(以下NSLJ)は、
パーキンソン病の研究・治療・教育に携わっておられる
医師・医療従事者の方々を対象とした標記学術賞
「いしがね海老原財団 Neuroscience Awards」を設立致しました。

表彰会 活動報告

  • 2020年9月19日

    第3回 パーキンソン病治療シンポジウムにて
    アワード受賞者2名に、学術研究部門賞・診療教育部門賞を表彰。
    副賞として賞状と楯及び金一封を贈呈。


    • ■表彰状

    • ■楯

    • ■目録

    • ■学術研究部門賞:佐竹 渉
      東京大学大学院
      医学系研究科 神経内科

      「孤発性パーキンソン病の
      ゲノム医科学研究」


    • ■診療教育部門賞:佐光 亘
      徳島大学大学院 医歯薬学研究部
      臨床神経科学分野

      「パーキンソン病の
      鑑別診断法開発と
      診療エビデンス構築」

  • 2019年9月14日

    第2回 パーキンソン病治療シンポジウムにて
    アワード受賞者2名に、学術研究部門賞・診療教育部門賞を表彰。
    副賞として賞状と楯及び金一封を贈呈。


    • ■目録と楯

    • ■表彰状

    • ■鈴木代表理事長より表彰状を授与

    • ■学術研究部門賞:土井 大輔
      京都大学iPS細胞研究所 医学研究科

      「ヒトiPS細胞由来ドパミン
      神経前駆細胞を用いた
      パーキンソン病に関する
      細胞移植治療」


    • ■診療教育部門賞:鈴木 圭輔
      独協医科大学 内科(神経学)

      「パーキンソン病における
      睡眠障害の臨床的意義」