MESSAGE代表あいさつ

この度私共は、多くの難病の中で特にパーキンソン病克服に関わる分野において支援することを目的として財団を立ち上げました。「iPS細胞」の開発を始めとし、各分野で医学の発展が進み、現場の研究者・医療従事者たちは日々戦っています。そのような現場の人々を少しでも支え、パーキンソン病に関する根本的治療・研究のお役にたてるよう活動して参ります。

一般財団法人 いしがね海老原財団
代表理事 鈴木健一郎

ACTIVITIES活動内容

医療の支援

パーキンソン病という名前の病気は広く知られており、その根本的な治療法や薬剤開発などは今後更に進んでいくものと思われます。当財団は、パーキンソン病克服を目指す現場の研究者の方々を支援することで、今病気と戦っている患者さんご本人やご家族への支援に繋がると考えております。

そのほかの支援

人生100年と言われる時代に当財団として何が出来るか。公共福祉の利用支援、患者さんのライフステージに応じた支援、例えば診断時、治療開始時ご相談、社会保障や生活の支え、地域による行政との連携等、これからいろいろな取り組みを考えて参ります。

そのほかの支援

人生100年時代に財団として何が出来るか。公共福祉の利用支援、患者のライフステージに応じた支援、例えば診断時、治療開始時ご相談、社会保障や生活の支え、地域による行政との連携、等名これからいろいろな取り組みを考えて参ります。

NEWSお知らせ

ABOUT USいしがね海老原財団について

  • 財団概要
  • パーキンソン病の患者数は国内で推定16万人と言われ、年々増加傾向とのことです。設立者は家族にパーキンソン病患者がいた経験を持つことから、パーキンソン病の根本的治療のお役に立つよう、研究者の支援を行う事を目的として財団を立ち上げました。パーキンソン病が突然発症したら、それを誰に相談すればいいのか?家族の対応は?病院はどうすべきか?仕事は?治療費は?介護は?解決すべきことはたくさんあります。人生100年時代をこの病と生涯どう付き合っていくのか、日々真剣に克服に向けて努力されている医学界の方々へ支援を積極的に活動して参ります。
  • 財団名称
  • 一般財団法人 いしがね海老原財団
  • 代表者
  • 鈴木健一郎
  • 設立日
  • 平成30年7月9日
  • 所在地
  • 神奈川県横須賀市根岸町二丁目12番5号
  • TEL
  • 046-874-8802